家族の歴史をかたちに、未来へつなぐ「家系図」

かまくら家系図作成所

運営:鎌倉かもめ行政書士事務所

全国対応、お気軽にお問合せください

0467-39-6827
営業時間
10:00~18:00

鎌倉の名所・旧跡・パワースポットのご紹介

源頼朝が鎌倉に幕府を開き800余年。現在に至るまで長い歴史が積み重ねられました。このページでは、古都鎌倉の名所・旧跡・パワースポットをご紹介いたします。

長谷寺
鎌倉市長谷3丁目11-2

写真提供:長谷寺/鎌倉市観光協会

浄土宗系単立。山号は海光山。創建は736年(天平8年)と伝えられる。本尊の観音菩薩像は9.18メートルで木造では日本最大級。その壮大さ、神々しさに、思わず圧倒される巨大観音です。

近年、本尊の観音様に並ぶほどの人気を博しているのがほっこりとした笑顔が素敵な「良縁地蔵」さまです。境内3カ所の良縁地蔵さまをすべてを見つけると良縁に恵まれるという噂が広がって、こちらも人気スポットになっています。

境内は広く、観音堂、阿弥陀堂、大黒堂などが建ち、山腹の見晴台からは鎌倉の町と相模湾が一望でき、天気の良い日は絶景です。有名なアジサイをはじめ四季折々に花を欠かすことのない境内は「鎌倉西方の極楽浄土」と呼ばれています。

鎌倉でトリップアドバイザー第1位、外国の方にも大変人気があります。

鎌倉大仏殿高徳院
鎌倉市長谷4丁目2-28

写真提供:鎌倉大仏殿高徳院/鎌倉市観光協会

現在は浄土宗。正式には大異山高徳院清浄泉寺。開山、開基ともに不明。奈良の大仏が勅命で作られたのに対し、鎌倉大仏は民衆からの浄財によって完成に至ったといわれていますが、詳細は不明。何かと不明なことが多く、かえって神秘的なものを感じます。

台座を含めると13メートル超の高さ。地震などで破損し、何度も大規模な修復はされていますが、奈良の大仏様と違い、ほぼ創建当時の姿を保っていることが特徴です。

以前は、津波で大仏殿が流され、大仏様だけがその場に残ったとされていましたが、近年の研究でそれ以前から露坐(外に座っている)の大仏となっていたことがわかっています。 

ちなみに、露座(外に座っている)の大仏様ですが、きちんと工夫がされていて敷地外からは見ることができません。

建長寺
鎌倉市山ノ内8

臨済宗建長寺派大本山。鎌倉五山第一位。山号は巨福山。

建長5年(1253年)五代執権の北条時頼が、南宋の蘭渓道隆(大覚禅師)招き開山。当時は、承久の乱を経て、鎌倉幕府の権力基盤が安定し、政治的には事実上、鎌倉が日本の首府として機能しはじめた時代でした。そのためか境内に入ると清らかな力強い空気を感じます。

日本で最初の禅専門道場の禅寺であり、現在でも「座禅会」が定期的に開催され、外国人の方の姿も多く見受けられます。

創建当時の建物は、火災などにより、ほとんど残っていませんが、総門・三門・仏殿・法堂・方丈が一直線に並ぶ伽藍配置は、創建当時の禅宗寺院の面影を色濃く残すものとされています。ぜひ、直線を意識して歩いてみてください。

建長寺には限りない清風が吹きわたり、みなさんの心をやすらかにしてくれます。(公式サイトより)

報国寺
鎌倉市浄明寺2丁目7-4

臨済宗建長寺派。山号は功臣山。古くから境内の竹林が有名で「竹庭の寺」と呼ばれています。1334(建武元)年に、天岸慧広(仏乗禅師)が開山。足利尊氏の祖父足利家時が開基として開かれ、関東公方足利氏と深いつながりがありました。

永享の乱(1439年、足利持氏の室町幕府将軍・足利義教への反乱)で関東公方・足利持氏は敗退し、永安寺で自刃した時、その長子・義久もこの寺に入って自刃した関東公方終焉の地としても知られています。

そんな歴史に思いを馳せつつ、境内を散策した後は、茶席「休耕庵」で、美しいお庭を眺めながら、お抹茶をいただくことができます。

鎌倉駅からは少し距離がありますが(徒歩約30分、バス便もあり)、駅周辺の著名な観光名所に比べ、静かで落ち着いた雰囲気が魅力です。

銭洗弁財天
鎌倉市佐助2丁目25-16

銭洗弁財天宇賀福神社。通称は「銭洗弁財天」と呼ばれています。

源頼朝の夢に、巳の年の文治元年(1185)の巳の月、巳の日の巳の刻、宇賀福神から「この地に湧き出す水で神仏を供養せよ、そうすれば天下泰平の世が訪れる」とお告げがあり、源頼朝はこの地に社を建てて宇賀福神を祀ったのがはじまりといわれています。

この話が発展していつの頃からか、その霊水でお金を洗うと倍になると言う信仰が生まれ、霊水「銭洗水」が湧く神社として有名になりました。

銭洗水は境内の洞窟(奥宮)で湧き、ご利益にあずかろうと多くの参拝客が訪れます。 また、弁財天の縁日である巳の日は特にご利益があるとされ、土日祝日と重なると大変な賑わいとなります。ここまで混んでいると、ご利益も薄まってしまいそうな気もしますが。。

神社の入り口付近は急な坂道。歩きやすい靴・服装がおすすめです。近くには、ハイキングコースがあり、ハイキングの途中で立ち寄ることもできます。

鶴岡八幡宮
鎌倉市雪ノ下2-1-31

写真提供:鎌倉市観光協会

年間1000万人以上が訪れる鎌倉のランドマーク的な存在。比較的空いている午前中の参拝がおすすめです。

祭神は、応神天皇、比売神、神功皇后。日本を代表する八幡宮の一つ。1063年、源頼義が源氏の守り神として、京都の石清水八幡宮を勧請したことに始まります。1180年に鎌倉入りした源頼朝が現在の地に遷座して鶴岡若宮と称しました。

社から南、由比ガ浜方面に向かって真っすぐ延びる若宮大路と呼ばれる参道は、現在も鎌倉のメインストリートとして機能しています。

1月は手斧始式、2月は節分、4月は鎌倉まつり(静の舞、流鏑馬)など年間を通して、四季折々、様々な行事が開催されています。

家系図について、よくあるご質問

申し込み後に追加料金はかかりますか?

お選びいただいたプラン、オプション以外は一切かかりません

家系図の作成期間はどのくらい?

調査系統により、2~4カ月です

家系図の個人情報が漏れたりしませんか?

行政書士には法律で厳格な守秘義務が定められております、ご安心ください

あなたのファミリーヒストリー
家族の歴史をつなぐ家系図

鎌倉かもめ行政書士事務所

かまくら家系図作成所

〒248-0014 鎌倉市由比ガ浜2-9-62 フォーラムビル2F

お気軽にお問合せください(無料相談・全国対応)

0467-39-6827

電話受付時間:平日10時~18時