家族の歴史をかたちに、未来へつなぐ「家系図」

かまくら家系図作成所

運営:鎌倉かもめ行政書士事務所

全国対応、お気軽にお問合せください

0467-39-6827
営業時間
10:00~18:00

家系図作成を作ると自分を好きになる

【家系図の人気】

「家系図(英語:Family tree)」とは、自分から見た先祖の系統が書かれています。祖父母までは関りがあっても、祖父母の両親やその先祖たちのことは、知らないことがほとんどです。

家系図の調べ方は、戸籍を辿ります。戸籍は本籍地でしか取得することが出来ないので、調べるのはとても大変ですが、先祖がどこで生まれ育ったのかを知ることが出来るきっかけになります。今まで行ったこともないような土地が、先祖の生まれ育ったところだと思うと親近感がわいてくるものです。自分の先祖のことに興味がある若者や、終活のスタートとして家系図を作るというシニア層も増えていて、家系図の人気は高まりつつあります。

【知識や興味が広がる】

家系図を作成することは、自分のルーツを知ることです。ルーツ(英語:Roots)とは、根源・先祖という意味があります。自分がどこから来たのか、という根源を知ることは、これからの人生に大変役立ちます。

特別な家柄ではなくても、自分の先祖が生まれた土地を知ることによって、知識の幅が広がっていきます。自分の地元や住んでいた場所の話をするときに、「昔そこに住んでいたよ」というと、はじめて会った人でも会話が弾みますよね。それと同じように、「昔、自分の先祖はその場所に住んでいた」という会話は、その土地に縁のある人たちにとっては、とても大切な話題であり、深く印象に残ることでしょう。

先祖が住んでいた場所の地域性、人口動態、産業、特産物等を調べれば、知識も多くなります。家系図を作成し、自分のルーツを知ることで、自分自身の幅を広げることにつながるのです。

【家系図を作ると自分を好きになる】

人間だれしも、自分はちっぽけな人間だ、と思ってしまいがちですが、大きな家系図の中の大切なピースであることに気付くことが出来ます。たくさんの先祖たちが必死に生きていたからこそ、今の自分が生まれている。そんな自分の「存在」や「役割」を知ることが出来るので、自己肯定感が高まります。

このように、自分自身を好きになることは、生きていくうえでとても重要なことといえるでしょう。

【亡くなった人を忘れない】

人が亡くなれば、だんだんと記憶からも薄れていきます。しかし、家系図に名前が載っていると、家系図を見る度にその故人を思い出すことが出来る。どんな人だったかを子供や孫に話せば、さらに故人のことを思い出す機会が増えるのです。先祖を大切に想う気持ちをもち続けることができます。

【家系図はいつ作ればいい?】

家系図は、一度作れば、それを子供や孫に残すことができます。いわば「永久保存」です。ただし、戸籍には、法律によって保管期限が定められており、期間が過ぎると消除されてしまいます。後年、作成しようと思ったときは、既に記録がなくなっているかもしれません。したがって、家系図は、「その気になった時に作る」のがおすすめです。

 

家系図について、よくあるご質問

申し込み後に追加料金はかかりますか?

お選びいただいたプラン、オプション以外は一切かかりません

家系図の作成期間はどのくらい?

調査系統により、2~4カ月です

家系図の個人情報が漏れたりしませんか?

行政書士には法律で厳格な守秘義務が定められております、ご安心ください

お支払いには各種クレジットカードがご利用いただけます
あなたのファミリーヒストリー
家族の歴史をつなぐ家系図

鎌倉かもめ行政書士事務所

かまくら家系図作成所

〒248-0014 鎌倉市由比ガ浜2-9-62 フォーラムビル2F

お気軽にお問合せください(無料相談・全国対応)

0467-39-6827

電話受付時間:平日10時~18時